1. ホーム
  2. 症状別
  3. 歯がない

歯がないsymptom.03

歯がないについて

歯を失う原因

虫歯、歯周病、不慮の事故など、様々な原因で歯がなくなってしまう事があります。

歯が失った結果

なくなってしまった場合は、その歯の代わりが必要になります。 歯が一本無くなっただけでも、咀嚼効率と言って食べ物を噛み砕いたり、すり潰す力が落ち、消化器系、胃腸への負担がかかります。

また、歯がないまま放っておくと、隣在の歯が倒れ、咬み合っていた歯が伸びてきます。(特に上の歯に多く見られます)

そして、咬み合わせが変化することで、顎に負荷がかかり、顎関節症や肩こり等全身に支障をきたす可能性があります。

この様な症状を防ぐために、歯が無くなってしまった方は歯の代わりや、歯が倒れないようにする治療が必要になります。 是非ご気軽にご相談下さい。

こんな症状でお悩みの方はこちら