1. ホーム
  2. 診療内容
  3. 虫歯

虫歯Tooth decay

虫歯について

虫歯が再石灰化により自然に治るのは、歯が溶け始めて、まだ穴があいていない初期の段階に限られます。虫歯が進行して穴があいてしまうと、その部分は再生することはありません。

初期段階では、痛みが出たりすることは少なく、自分で気付くことは難しいため、早期発見が大切です。定期的に歯科を受診することをお勧めします。
歯に痛みが出てきても、痛みが強くならないと歯科を受診しない人もいますが、何らかの症状が現れたら、まずは歯科を受診することが大切です。

虫歯の原因

虫歯が生じる直接の原因はプラークの中に含まれている虫歯病原菌(ミュータンス菌など)です。

しかし、虫歯はプラークだけでなく、次に挙げるような複数の要因が影響し合って生じます。

  • 清掃状態
  • 磨き残しが多いとリスクが高くなります。

  • 飲食
  • 回数が多いほどリスクが高くなり、特に、砂糖の摂取回数・摂取量が多いほどリスクが高まります。

  • 細菌数
  • 虫歯の原因となる細菌が、口の中に多く存在しているほどリスクが高くなります。

  • 唾液の分泌量
  • 唾液には、抗菌作用や口の中の汚れを洗い流す作用(自浄作用)などがあります。何らかの理由により唾液の分泌量が減少してしまうと、細菌が繁殖しやすくなってしまいます。

  • 唾液の緩衝能
  • 唾液の緩衝能とは、口の中が酸性に傾いたときに、酸を中和する能力のことです。唾液の緩衝能には個人差があり、緩衝能が低いと酸がなかなか中和されず、虫歯のリスクが高まります。

虫歯の進行

虫歯は初期の段階で症状は出にくく、痛みが出たときには虫歯が深くまで進行していることがあります。虫歯になった部分は、削って除去しなければならないため、健康な歯を維持するためには、虫歯の早期発見・早期治療が大切です。

虫歯の段階(C0~C4)

C0(虫歯の前段階)

虫歯の原因菌が作り出す酸によって、歯が溶かされ始めた段階です。この段階では、再石灰化により元の状態に戻ります。

C0
C1(エナメル質の虫歯)

虫歯がエナメル質にとどまり、象牙質に達していない段階です。エナメル質には神経はありませんので、通常痛みはありません。
この段階では、患者さまの虫歯のリスクにより、清掃指導とフッ素塗布を行い経過観察するか、虫歯の部分のみを削って詰め物をするといった比較的簡単な治療で終わります。

C1
C2(象牙質の虫歯)

虫歯が進行して象牙質に達した状態です。この段階では歯髄(神経)には達していませんが、象牙質からは歯髄に刺激が伝えられるため、冷たいものがしみたり、痛みが出たりすることがあります。
治療は、虫歯の部分を削って詰め物をすることで、歯を修復します。

C2
C3(歯髄まで進行した虫歯)

虫歯が歯髄(神経)に達した状態で、この段階では激しい痛みを伴うことがあります。
歯髄(神経)が感染しているため、神経を取り、歯の根をきれいにする治療(根管治療)が必要になります。

C3
C4(虫歯が進行し
根っこだけになった状態)

虫歯がさらに進行し、歯の頭の部分がなくなり、根っこだけになった状態です。通常、この状態では神経は死んでいて痛みを感じなくなっています。歯が保存できる場合は根管治療を行います。
しかし、残っている歯の量が少なく、歯を残すことが困難な場合は、抜歯が必要になります。抜歯した部分は傷が治った後に、ブリッジ・部分入れ歯・インプラントなどの方法で補うことになります。

C4

虫歯が原因で起こること

虫歯で頭が痛くなる

虫歯が原因で頭痛が生じる場合もあります。放散痛といい、痛みが広い範囲に広がってしまい、頭痛として感じられてしまう現象です。進行した虫歯では、同様の現象によりどの歯が痛いのかわからないということもあります。

頭を抑える女性

口臭がきつくなる事がある

虫歯が進行すると、穴の部分に汚れがたまり、臭いの原因となることがあります。また、神経が死んで根の先に膿が溜ることがあり、膿が歯肉から出てくると、口の中が臭うことがあります。

口臭の原因は主に舌の汚れと言われていますが、虫歯を含め口の中の病気を改善することで口臭が改善する場合もあります。
口臭が気になる場合には、歯科医院で相談してみると良いでしょう。

口を抑える女性

痛みに対する配慮

麻酔の前に表面麻酔を塗布し、麻酔液をゆっくりと注入します。細い麻酔針を使用し、患者さまにとって痛みが少なくなるよう細心の注意を払い治療を行っております。

麻酔