歯ぎしりbruxism

歯ぎしりについて

歯ぎしり(ブラキシズム)とは、歯をすり合わせたり強く噛みしめたりする行為です。
自覚の無い方も多いかもしれませんが、睡眠時など無意識に歯ぎしりをしている方も多いです。一般的な治療法は、スプリント(マウスピース)を装着し、歯ぎしりによる歯への負担を軽減させます。

歯ぎしりの原因はストレスである可能性が高いため、ストレスを軽減することが最も重要です。

歯ぎしりがおよぼす悪影響

  • 歯が折れる、すり減る
  • 歯の根の破折
  • 被せ物や詰め物が外れる、割れる
  • 義歯が割れる
  • 歯周病の悪化
  • 顎関節症の悪化
  • 肩こり、腰痛、偏頭痛、あごの疲れ、目の奥の痛みなどの体調不良
  • 睡眠時無呼吸症候群との関連性が指摘されている

治療方法

咬み合わせ治療

咬み合わせ治療とは、咬合状態の維持を図るためになされる全てを含める治療行為を意味します。咬み合わせのズレに注目し、その咬み合わせを正しくすることで、病気や不調を改善していきます。

咬み合わせがずれてくると、人間の身体はそれを補正しようと、骨格が歪んできます。虫歯が1本もないとおっしゃる患者さまも、ご自身が気づいていないだけで、咬み合わせに問題のある方がほとんどです。

鏡を見る女性

当院では、咬み合わせ治療を行う前に、原因をしっかり把握し、納得のいく説明を行った上に治療を行いますので、気になる方は安心してご相談下さい。