1. ホーム
  2. 症状別
  3. 歯茎の黒ずみ

歯茎の黒ずみsymptom.06

ガムピーリング(薬剤法)

ガムピーリングとは

フェノールのタンパク変性作用により、上皮組織をメラニン色素とともに除去する方法です。

ガムピーリング(薬剤法)の流れ

  • 術前の検査
  • 歯ぐきの黒ずみが歯周病によるものではないか、安全に施術できる状態かどうか、レントゲンや歯ぐきの検査で確認します。

  • 術野の消毒
  • 安全に施術を行っていくため、周囲の汚れは先に取っていきます。

  • フェノール剤塗布
  • お薬を歯ぐきの黒ずんでいる部分に塗ります。

  • エタノール剤塗布
  • 白濁した部位を中和させ、お薬を拭き取ります。

  • 水洗・乾燥
  • その後、十分に水洗し、乾燥させます。

  • Step3〜6を繰り返す
  • 3回程繰り返していきます。

Q.体に害はありませんか

A.体に害はありません。

しかし、使用する薬剤のフェノール・アルコール類のアレルギーがある方は施術を受けられません。

Q.回数はどのくらいかかりますか

A.1度の施術にて3回お薬を塗布するため、1度でキレイになる方が多いです。しかし、濃く沈着している部位に関しては数回必要な場合があります。

Q.妊娠中や子供でもできますか

A.妊娠中やお子様に施術した際の正確なデータがないため、妊娠中の方は出産後に、お子様は成人になられてから施術を受ける事をお勧めします。

Q.痛みはありますか

A.個人により様々ですが、多少ヒリヒリする事があります。

審美症例

症例1 歯肉の黒ずみ改善

治療前 治療後
ガムピーリング治療前 ガムピーリング治療後
主訴 歯肉の黒ずみが気になる
治療内容 ガムピーリング
治療期間 30分
治療費 ¥5,000/1回
治療に
伴うリスク
ピーリングに伴う歯肉の炎症や痛みを感じることがあります。

※上記金額は税抜き表示です。

※別途で検査費用はかかります。